自己紹介

HOME | 自己紹介

PROFILE

自己紹介

和太鼓・津軽三味線 二刀流演奏家 木村善幸


10歳より和太鼓を始め、16歳より津軽三味線を始める。17歳で津軽三味線全国大会優勝、20歳で大太鼓一本打ち全国大会優勝。
両楽器での優勝は他に例を見ない。(2021年現在)

19歳より本格的に両楽器でプロとして歩みを始め、代表的な活動の一つとして2007年アジア初開催のノルディックスキー世界選手権開会式での大太鼓生演奏は札幌ドーム28000人の観客の度肝を抜いた。
2009年からはヨーロッパドイツでも演奏、講演、指導活動と幅広く展開。
2022年春、京都世界遺産『仁和寺』(NINNA-JI)にて創建1200年以来初の国宝金堂を舞台にした単独公演を開催。 歴史に名を刻む快挙は大きな話題を呼んだ。

和太鼓・津軽三味線この全く違う2つの楽器を操り、どちらもトップレベルの実力を持つ演奏家は、世界に2人といない。

これまでの世界観客動員数は15万人を超え、ロシアではマエストロ、ドイツでは例外的音楽家との異名をとる。

また演奏家としてだけではなく指導(コーチング)においても非常に高いスキルと実績を持っており、両楽器ともに全国大会での優勝者を輩出している。

現在、国内、海外で演奏家としてはもちろん指導にプロデュースにとその活動は多岐に渡りマルチプレイヤーとして称されている。

 
主な実績
津軽三味線全国大会 優勝/入賞
大太鼓全国大会 優勝/入賞 
 

2001年 鼓童(和太鼓集団)文化財団研修所入所 
2002年 新善光寺奉納演奏 
2003年 ロシア極東日本人初単独公演(外務省主催) 
2004年 沖縄公演(金武・宜野座・名護)
2005年 北海道文化財団選定事業認定によるコンサートツアー 
2007年 FISノルディックスキー世界選手権開会式大太鼓演奏
2008年 北海道議会議場演奏
2009年 ドイツ・ハンブルク公演
2011年 北ドイツ(ハンブルク・ブレーメン)ツアー(日本国主催)
2012年 札幌コンサートホールkitara単独公演
2012年 世界的ホール LAEISZHALLE単独公演(ドイツ)
2013年 IDO FESTIVAL招聘コンサート出演(ドイツ)
2014年 ホテル日航デュッセルドルフ単独公演(ドイツ)
2015年 デラグ リビングホテル デ メディチ単独公演(ドイツ) /ドイツ・デュッセルドルフ IDO FESTIVAL コンサート出演
2015年 北海道知事高橋はるみ政経セミナーにて特別講師として講演
2016年 国指定重要文化財「豊平館」にて単独コンサート
2017年 六花亭本店ふきのとうホール単独コンサート(唄・津軽三味線・和太鼓)
2018年 デラグ リビングホテル デ メディチ単独公演(ドイツ)
2019年 ドイツ公演
2020年 映像作品「Sound of Hokkaido」出演 Ermis Awards受賞(ギリシャ)
2021年 高野山三田『弘法寺』-真言宗-(東京)オフィシャルアンバサダー就任/木村善幸コンサート『道なき道』(札幌)

和太鼓・津軽三味線 二刀流演奏家

木村善幸(YOSHIYUKI KIMURA)

YOUTUBE CANNEL

木村善幸演奏動画

SCHOOL

各教室の紹介(札幌・東京)
school1

北海道和太鼓塾(札幌)

木村善幸が監修する札幌市中心部で本格的和太鼓のレッスンが受けられる教室。
北海道和太鼓塾公式HP

 

木村善幸流津軽三味線道(札幌)

全国優勝者を複数名輩出する本格的な津軽三味線教室。
木村善幸の直接指導が受けられる。
木村善幸流津軽三味線道公式HP

 
school2
school3

北海道三味線塾(札幌)

木村善幸が監修する札幌市中心部で本格的津軽三味線のレッスンが受けられる教室。講師は全国大会優勝経験者が担当。
北海道三味線塾公式HP

 

弘法寺和太鼓塾(東京)

東京(港区三田)弘法寺にて木村善幸の本格的な和太鼓直接指導が受けられる。
発表の場は本堂にて開かれる護摩祈祷法会という異次元な体感もできる特別な教室。
弘法寺和太鼓塾公式HP

 
school4